病の呪縛から脱出しよう|癌のステージ4という状態からの復帰

手

従来とは違う、がん治療法

カウンセリング

体に優しくて副作用もない

免疫治療とは免疫細胞を用いた、がんの画期的な治療法です。とは言っても、新種の免疫細胞を投与するのではなく、既存の、しかも患者自身の免疫細胞を活性化させるだけです。そもそも人間には、がん細胞に対して効力を示す免疫細胞が備わっており、その免疫細胞が弱体化してしまったため、がんを発症してしまいます。そのため、患者自身の免疫細胞を活性化させるだけでがん撃退に事足りるのです。免疫治療は現在、非常に注目されていますが、高い効果が得られることもさることながら、その最大の理由は体に優しくて副作用がない治療法だからです。これは、自身の免疫細胞を活性化させるだけですので当然のことなのですが、がんの従来の治療法は周知のとおり、体力的にも精神的にも厳しい治療となります。従って、体に優しくて副作用がないということが、とりわけ注目されているのです。

問題の対応策

但し、免疫治療は最新の治療法であるが故の問題があります。まずは、免疫治療を実施している医療機関が少ないことです。従って、治療を望むのであれば、まずは医療機関探しから始めなければならないのです。ただ、注目の治療法であるため、評判は広まっていますので、医療機関探しは決して難しいことではないと言えます。もう1つ大きな問題となるのは、まだ保険適用が認められていませんので、自由診療であり、よって治療費は全額自己負担となることです。ただ、この問題にも対応することはできます。医療費控除という制度があり、1年間に10万円以上の医療費の支払いがある場合、納税の際に優遇されるようになっているのです。従って、医療費控除を受ければ、実質、治療費は減額されることになります。