病の呪縛から脱出しよう|癌のステージ4という状態からの復帰

手

免疫細胞でがんを治す

看護師

効果的に治療を行うには

がんには三大治療方法というものがあります。手術、抗がん剤、そして放射線を使う治療方法のことをこのように呼びますが、最近では、それに加えて、免疫療法という治療方法が開発されています。この免疫療法というのは、自分の体内にある免疫細胞を一旦取り出し、増殖させて体内に戻す方法です。自分の細胞ですから副作用が起こりにくく、治療も簡単でしかも免疫力が高まるため、三大治療方法と組み合わせて使うことで、より大きな力を発揮することができます。もちろん免疫療法にもいくつかの種類があり、それぞれ採取の仕方や、どのがんに効果があるのかが違ってきますので、医師とよく相談するようにしましょう。またがんが進んでからではなく、抵抗力がある初期のうちに採取することが望ましいといえます。

気をつけておくべきこと

もちろん、注意しておくべき点もあります。まず費用が高額であることです。現在はまだこの免疫療法は、本格的ながん治療方法とみなされていないため、保険が適用されません。そのため、この方法を用いての治療は、それなりにお金がかかるものと考えてください。保険適用でないため、料金設定はそれぞれの医療機関に委ねられています。それから、抗がん剤の効果を下げることがあります。抗がん剤は免疫機能を下げることがありますが、免疫療法はその逆に免疫機能が上がるため、一緒に抗がん剤を服用している場合は、薬が効かないということもあります。また、副作用が少ないといっても、人によっては発熱があったり、アレルギー反応が出たりすることもあり、全くないということではありませんので、気をつけるようにしましょう。