病の呪縛から脱出しよう|癌のステージ4という状態からの復帰

手

がん治療の現状

メンズ

医療の進歩と新しい治療法

がんは周知のとおり、命に関わる病気です。ただ、一昔前でしたら不治の病と称されるような病気でしたが、現在は、もはや不治の病ではなくなっています。現在では、がんを発症しても、完治した人は大勢います。この事実は、ひとえに医療が進歩したことの証だと言えます。そして、医療の進歩は新しい治療法も誕生させています。がんの治療法というと、手術、抗がん剤治療、放射線治療で相場は決まっており、この3つは、がんの三大療法と呼ばれているのですが、そこに新たに加わるのではないかと目される、新しい治療法が近年、注目を集めています。その治療法は、免疫細胞治療という治療法です。そして、免疫細胞治療は、がんの三大療法とは大きく異なる、ある特色を持った治療法なのです。

体への負担がかからない

免疫細胞治療は自然治癒力を利用して、がんに対抗しようとする治療法です。人間には本来、がんに対抗する能力があります。がん細胞は、いかなる人であっても体内で日々、誕生しているのですが、がん細胞を攻撃する免疫細胞も人間の体内には存在していますので、がん細胞は誕生しても、殺傷されてしまうのです。この事実を踏まえると、がんは免疫細胞が上手く機能していないことが原因で発症するということになります。そして、この事実を治療に応用したのが、免疫細胞治療なのです。がんの三大療法と免疫細胞治療が大きく異なる点は、免疫細胞治療は副作用等の患者にかかる負担が一切ない点です。免疫細胞治療が行うことは、患者の免疫細胞を活性化させることだけです。人間が本来持っている、がんに対抗する能力を再生させることしか行いませんから、体に負担がかかることはないのです。このことは、がん治療に関わるすべての人にとって当然、朗報であり、それ故に高い関心を集めています。